第二保証人とは?身元保証人が2人必要になる理由と対処法 | 身元保証・生活自立支援のフランチャイズなら【早稲田ヒューマンサポートセンター】

一般社団法人早稲田ヒューマンサポートセンター

お気軽にお電話下さい

仙台(東北支部)

午前8時~午後10時 電話受付!年中無休。

よくある質問


身元保証に関するお役立ち情報

第二保証人とは?身元保証人が2人必要になる理由と対処法

身元保証に関するお役立ち情報
2018.02.16
画像

会社へ入社する際は、身元保証人を求められるケースが少なくありません。さらに、身元保証人を2人立てるよう要請してくる会社もあります。今回は、なぜ身元保証人が2人必要になるのか? その際の対象法は? といった点についてお伝えします。

企業が身元保証人を求める理由

企業にとって採用は、自社の成長を支える重要な活動です。一方で、「入社した従業員が会社に損害を及ぼす可能性」というリスクも少なからず抱えます。企業が身元保証人を求めるのはこのためです。

ただし、実際に被害が起こった場合は、ほとんどのケースで従業員本人が責任を取ることになります。さらに言えば、身元保証人の責任というのは法律で限定されているため、実はそこまでリスクが高いとは言えません。そのため、「あくまで念のため」というのが企業側の意図でもあります。

ただし、身元保証人を立てることはリスクヘッジだけが目的ではありません。例えば、「身元保証人には迷惑をかけられない」と従業員が思ってくれれば、まじめに業務に取り組むモチベーションにもつながります。こうした狙いもあり、企業は身元保証人を求めるのです。

身元保証人が2人必要になるケース

多くの場合、入学や入社の際に求められる身元保証人というのは1人です。しかし、会社によっては、より確実なリスクヘッジを考えて、身元保証人を2人求めるところもあります。こうした人物のことを第二保証人と呼びます。

身元保証人が2人いない時の対処法

第二保証人には、第一保証人とは別の条件が付けられることも少なくありません。具体的には、「両親以外」や「県内在住」といったものが挙げられます。どうしても身近に頼める人がいない場合はどうすればよいのでしょうか?

会社へ相談

まず取るべき行動は、会社への相談です。第二保証人が見つからないことを正直に伝え、指示を仰ぎましょう。また、条件についてもう一度詳しく確認することも大切です。詳細を聞いてみると、条件に当てはまる人が思いつくかもしれません。

身元保証人代行サービスの利用

会社に相談をした上で、それでも第二保証人が見つからないのであれば身元保証人代行サービスの利用も検討してみましょう。費用はかかるものの、条件に合う人を見つけなくてはならないというプレッシャーや、内定を取り消されるかもという不安から解消されます。なお、この際もまずは会社へ身元保証人代行サービスの利用が可能かを確認しておくと安心です。

まとめ

第二保証人を求められた場合は、まずは焦らずに頼める人を探すようにしましょう。そして、どうしても難しい場合は会社に相談をしてみてください。第一保証人が立てられている時点で、ある程度の信用は得られています。保証人代行サービスなど、現実的な解決策を人事担当者と一緒に見つけていきましょう。